IASTMのおはなし…

IASTM
IASTM

私が普段の施術にて使用する「IASTM」

…器具を使って施術するやつですね(*^-^*)

大まかな概要は……こちらから

このIASTM…じつは…

元々は鍛冶場のオヤジが発明した器具なんです!(*´ω`*)

今回はその紹介をしていきます!

~IASTMの誕生秘話~

ある日、膝の靭帯を怪我してしまった鍛冶場のオヤジ👴!!

げんいちとはり

膝の怪我は重症だったため、手術をするしかありませんでした…

げんいちとはり

手術は無事成功!!

もちろん、数週間入院へ( ;∀;)

しっかりと安静にできるように固定します。

げんいちとはり

切った組織が癒合するまで、↑こんな感じのギプスで安静にするわけです(*^-^*)

…安静にして数週間…

遂に待ち望んだギプスを取り外せる日!

今日から歩けるぞ~(*’▽’)

「……アレ(;O;)…動かない……」

ギプスを経験をしたことある人はわかると思いますが

固まっちゃって動かせないんですよ涙 関節がホントに動かない!

そういった人の為にリハビリというものがあります。

げんいちとはり

身体を動かしながら徒手や器械を使って、元の機能に戻るように治療します。

オヤジもリハビリを懸命に頑張ります(; ・`д・´)

一回では絶対に治らないので、オヤジ頑張ります!!

来る日も来る日も頑張ります!痛くても頑張ります!!

…しかし、若い者と比べると治癒の力が弱まっている為

膝の動きは完全ではないまま、治療の終わりを告げられてしまいます。

~ オヤジ 発明する ~

病院での治療は終わりましたが、膝に不具合を残ったままのオヤジ

動かないので、痛みだってもちろんあります。

しかし、生活をする上で膝は使わなければなりません。

「なにか孫の手のような、自分でマッサージできる物はないかな( 一一)?」

さすが鍛冶場のオヤジ…無い物は自分で作ってしまいます( ;∀;)笑

金属製の孫の手はいびつながらも、オヤジにとっては使いやすいサイズ感♪

仕事の合間、痛くなった時、ちょっと膝の調子が悪い時

オヤジは何かあるごとに使っていました。

ある日、オヤジは驚きます。

げんいちとはり

膝が…前より曲がってないか…

「…あくまで自分が感じた事だ。後日病院できいてみるか。」

後日、病院スタッフは驚きます。

明らかに膝の状態が良くなっていたのです。

金属の棒状の物が、膝を良くしたと聞いて尚更びっくりです。

金属の棒が膝を良くした噂は広まり、医療器具として開発が進んでいきました。

そんな形で初めて医療器具として開発されたのが、

グラストンテクニック』と呼ばれるものです。

オリンピックなどの国際大会などで、様々な国に伝播していきました!

このような器具を使って治療する物を『IASTM』といい

いろんな会社から後発器具が出てきました(*’▽’)

(効果がある証拠ですね笑)

FaSTとは?

現在、私が使用している器具が『FaST』と呼ばれるもので

開祖的な存在である『グラストンテクニック』から日本人に合わせた設計になっております

(もともと海外の人に合わせて作られたためサイズが大きかった涙)

IASTM FAST

FaSTについてもっと知りたい方は…こちらをクリック

グラストンテクニックの時と比べ、より円滑な肌触りに工夫されているため

皮膚に優しいアプローチができます。(数あるIASTMで自分が選んだ理由です(^^♪)

是非、興味のある方は試してみてくださいね(*’▽’)